50万円貸してくれる人を簡単に探す方法

現在生活に困っていて、急な出費が必要となり50万円貸してくれる人を探しています。こういう時は友人両親に家に相談して借りた方がいいのはわかっていますが、借金の相談を恥ずかしくてすることができません。できれば他人で、貸してくれる方がいれば助かるなと悩んでいるあなたに、どんな方法が最適なのか調べてみました。

身内に借りれない場合は消費者金融やカードローン

両親が他界していたり、お金を借りれるような友人がいないそういう場合は、仕方がないので消費者金融やカードローンからお金を借りるしかありません。

もしも身内に、借金の相談をするのが恥ずかしい。そういう場合でも、相談ができる相手がいること自体は幸せなので、ダメ元で相談してみることをお勧めします。

たとえ両親や身内であっても50万円という金額は簡単に出せない金額なので、もしも借りれることになったとしても、親といえども、借用書に契約書などを書く必要があるでしょう。

身内ですが、お金を貸してくれることに感謝して、返済期限内に必ず返済するようにしましょう。まずは身内に相談をしてみて、それでも借りれなければ友人に相談してみてください。

ただ友人は他人ですので、もしも返済期限が遅れた場合など、人間関係にひびが入ることも考えておかなければいけません。友人関係でも借用書や契約書などをしっかりと用意してください。

身内や友人にも借りれない場合は、最終手段として消費者金融やカードローンになります。この場合のデメリットは、身内や友人に借りる場合とは別に、利子を支払うことになります。

もしも返済期限までに返済することができなければ、ブラックリストに載ることも考えられます。その場合、今後お金を借りる時に、借りれない場合もありますので、計画的に借りるようにしましょう。

またローンによっては、30日間は利子がつかないというローンもありますので、うまくそれを利用し、30日以内に必ず返済するようにしてください。30日を過ぎてしまうと利子がつきますので、借りた金額以上に返済をしなければなりません。

そうなると返済に追われた生活になってしまいますので、もしもあなたに返済能力がなければ、これまでよりも生活が厳しくなります。必ず返済期限を守って、ブラックリストに載らないようにしましょう。