急遽今すぐ70万必要!最善の方法はコチラ

思いもかけない事故を起こし、急に70万円必要になってしまった。生活に困ってしまい、今すぐ70万円必要。70万という金額は月収の何倍もの金額になってしまいます。このような大金をすぐに準備できるのでしょうか。消費者金融やカードローンが第一の方法になってきますが、その方法は安全なのかどうか調べてみました。

親戚から70万円貸して欲しいと言われている

親戚がお車で事故を起こしてしまいましたが、保険に入っていなかったらしく、修理代として相手から70万請求されているようです。

親戚は給料が低い会社員ですので70万という金額が準備できず、私たちに急遽お金を貸して欲しいと言われてしまいました。親戚ですので貸してあげたいのは山々なのですが、私たちも子供が生まれたばかりで、貸してあげれるようなお金はありません。

ボーナスも入ったばかりですが、住宅ローンや車のローンを返すのに精一杯で、お金を貸すことができません。他の親戚からも断られてしまったらしく、最終的に消費者金融でお金を借りることにしたそうです。

70万は消費者金融カードローンで借りるしかない

親や身内、親戚であっても、70万円という金額は大金過ぎてなかなか貸してくれる人はいません。自分たちの生活で精一杯なはずですから、70万といえば月収の何ヶ月分ですよね。

最終的な方法として、ご消費者金融やカードローンでしか貸してくれないと思います。もしもあなたが無職やニートなのでしたら、返済能力がないので借りることはできませんが、きちんとお給料がもらえる会社になのでしたら、お金を借りることはできるはずです。

この人に貸していいのかどうか審査が入り、法律で決められた金額は年収の1/3まで借りることができます。消費者金融やカードローンを借りる場合は利子が心配になるかと思いますが、それは会社によって違います。

ですのでお金を借りる時には、できるだけ多くの会社を比較する必要があります。中には30日間利子がタダになる場合もありますので、そういうのをうまく利用すると良いでしょう。

30日の間に返済してしまえば利子を払う必要はありません。もしも返済期限を過ぎてしまえば利子が発生してしまいますので、当然借りた金額よりも多く返済しないといけない状態になってしまいます。返済期限さえ気をつけていれば、手っ取り早く70万円を手に入れる最短の方法です。